gallery

ART WORKS ~hospital アラカワアートオフィスでは病院へのアートコーディネートを行っています。
欧米では手術室の壁にも絵が飾ってあるように、患者さんはもちろん院内で働く医師、看護士、職員などの過ごしやすい環境が配慮され実現されています。
日本国内でも院内アメニティの質を高める病院が増えています。

2003〜

ALSなど、いわゆる難病の患者さんが入院するこの病院では、全体のカラーコーディネートはやさしいピンクが基調。二台のストレッチャーが廊下を行き交えるように広々とスペースが取られた廊下、大きなエレベーターなど、専門病院では細かいところまで様々な点が配慮されています。ほとんどの患者さんは寝たきりで大変静かな病院ですが、介護やお見舞いにいらっしゃる方が病院の環境に安心感や清潔感を持てることも含めて作品を選択しました。

   

 
 




新座の病院です。落ち着いた木調の内装で、外光が沢山入る明るい院内でした。
その中にも落ち着きのある空間をと、大判の木版画を中心に設置しました。


 
   




   

こちらは小平にあるリハビリ病院です。比較的はっきりした色遣いの内装でしたので、その色調に負けない構図がはっきりして色のクリアーな作品を選びました。こちらの病院は照明も白熱色の電球を使っており、蛍光灯独特のしらじらした雰囲気を避けた暖かい院内を実現しています。

 

galley 病院編2006へ
BACK!
news concept artists contact gallery journal links